▲メニューへ戻る

誰が権利を持っているのか
例えば私の写真集「セクシーガンダルフ」を創るとします。
その写真集に関係する権利者は・・・・。

まず、写真を撮ったカメラマンは財産権である著作権と人格権である著作者人格権を持っています
もし、出版社がカメラマンから権利の全部譲渡を契約していれば、複製権等の財産権にあたる著作権は出版社に移動します。人格権は譲渡できないのでカメラマンに残りますが、それでは編集作業に不便なので改変をしても訴えないという承諾契約を別に結びます。
次にその写真を二次利用して写真集を出版社が編集します。その編集作業を出版社の社員が業務としてしたとすれば、その著作権は出版社にあります。
さて、その写真に映っている私ガンダルフは、肖像権とパブリシティー権を持っています。私は出版社と契約して肖像を使う事を許諾することで対価を得ます。しかし、パブリシティー権そのものが売られるわけではないので、もしも肖像に関する侵害があった場合には、出版社ではなく私が訴えることになります。

複雑ですね。
では、次にドラマの場合は・・・
ドラマの場合、放送事業者(TV局)には放送録画の権利である著作隣接権があります。第三者がWeb上でドラマの動画等を配信したりする場合も隣接権利者に許可が必要です。
しかし著作隣接権は著作権ではなく、ドラマの複製権は制作プロダクションにあると思われます。ですからTV局の独断でドラマのビデオを創って販売したりはできません。ビデオを販売したければ、放送の権利とは別に複製権を含む著作権についての契約が必要です。
無論、出ている演技者の肖像には肖像権があります。


このように一つの著作物には数々の権利者がが複雑に絡んでいます。ケースごとに契約が異なったり、はっきりした契約がなされていない場合もあり、当事者でさえ即答できないようなこともあるようです。
▲戻る

▲メニューへ戻る