▲メニューへ戻る

「著作者人格権」
「著作者人格権」

公表権
氏名表示権
同一性保持権
等があります。(本来は著作権とは分けて語られます)

著作人格権は「譲渡できない一身専属権」です。つまり、著作者以外の人に権利を売ったり、手放したりできない権利なのです。公表に関する限り、権利は原著作者側に残ります。
例えば、あなたがカメラマンを雇って撮らせた写真だとしても、著作者であるカメラマンの意図に反して勝手にトリミングやレタッチ等の変更を加えて公表することはできません。

公表権
著作物を公表するかしないかを決定する権利。

氏名表示権
著作者の指名を表示する権利。

同一性保持権
著作物の同一性を守る権利。
著作物を作者の許可を得ずに改変してはなりません。著作者は自分の意図したままの作品を保持する権利があります。変更はもちろん、削っても足してもなりません。写真や画像のトリミングやレタッチは典型的な例です。
ホームページ等で著作権逃れをしようとして元の画像をレタッチしたりする人もいるかと思いますが、よけいに問題を増やすだけです。

▲メニューへ戻る