▲メニューへ戻る

財産権・パブリシティー権
自分の肖像や名前を使って商売をさせる権利。任意の他者に商業利用の許可を与えることで利潤を上げる等。

アイドル等芸能人の肖像は、それだけで顧客を吸引しうる価値があります。(愛ちゃんファンならその辺りのことは痛いほど承知ですね?笑)ですから、芸能人にとって自分の肖像は財産なのです。
この肖像の吸引力を、正当な権利のない第三者が利用して商行為を行った場合、本来の権利者が享受しうる正当な利益を横取りする形になります。
いわゆる肖像権が「人格権」に属するのに対し、パブリシティー権は、このような「財産としての肖像」を保護するものなのです。権利者は差し止請求ができ、悪質な場合は損害賠償もありえます。

簡単に言うと
愛ちゃんの名前や顔や姿で商売ができるのは、愛ちゃんが
認めた人だけ。

以下、ガンダルフの個人的見解
さて、「第三者による肖像への便乗商売を規制する」のがパブリシティー権の保護だとするなら、無料で公開するファンページの画像(著作権をクリアしたものに限る)は、規制の対象にはあたらないのでしょうか?

グラビアや写真集のスキャン画像等は元より著作権侵害ですから論外としても、自分で撮った撮影許可イベントの写真は著作権が自分にあるわけですし、非営利での公開であるならば、問題ないようにも思えます。
しかし、便乗商売への規制が「権利者の正当な利益の保護」を目的としていると考えれば、無料で公開されている画像が権利者の商機会を著しく阻害するものであった場合には、たとえ非営利であったとしても問題です。
上の例のイベント写真であっても、公開される写真の量が多量であった場合には、その芸能人の肖像写真を使った商品に対する、消費者の購買意欲を削ぐことになりはしないでしょうか?「写真ならWebでいくらでもタダで手に入るから買わなくてもいいやー」みたいな。
私は前田愛さんを応援するためにファンサイトをやっているわけですから、愛さんやその周辺の方々の商機会を邪魔するのは本意ではありません。ですから、たとえ非営利であったとしても、商機会を侵害しないように考慮すべきだと考えます。

では、一切がっさい、肖像写真を使ってはいけないのか?っと言うとそれも疑問ではあります。
上の例のイベント写真のように、著作権をクリアし、非営利で、かつ中傷や名誉毀損にあたらないような写真ならば、「一般的な常識の上で、権利者の商機会を侵害しない程度の規模での公開」には、寛容であってくれたらと願います。(あくまで願いです。寛容でなければならないなどという傲慢な考えは持っていません。)
無論、「一般的な常識とは?」とか「侵害しない程度とはどのくらいか?」という問題は残ります。しかし、このような定義の曖昧さの問題は、著作権法やパブリシティの定義自体の中に見られるものであって、それはこれから我々の行動が規定していくものだと考えます。

▲メニューへ戻る